当犬舎におけるワクチンに関する考察を以下に紹介いたします。

 

 
 

※代表的な混合ワクチンの種類
まず、代表的な混合ワクチンを以下に示します。

・1種ワクチン:バルボウィルス/伝染性肝炎・アデノウィルス2型/レプトスピラ 等いずれか単一のワクチン。他にも狂犬病ワクチンもあります。

・2種混合ワクチン:パルボウィルス、ジステンパーウィルス

・5種混合ワクチン:上記2種 + 伝染性肝炎(アデノウィルス1型)・アデノウィルス2型、パラインフルエンザ

・6種混合ワクチン:上記5種 + 犬コロナウィルス

・7種混合ワクチン以上:上記6種 + レプトスピラ(対応している血清型の数により混合ワクチンの数値が増える。現在、10種混合ワクチンまである が、以前は11種もあった。現在、諸事情により生産中止) 

 正直、どの混合ワクチンを接種すればよいのか分からないことが多いと思います。また、3〜4週間間隔で複数回接種するのが基本なので、どれをどのように接種すればよいのか難しい判断になります。

※当犬舎におけるワクチンの考察とワクチンプログラム〜ワクチンは副作用が怖いのです
当犬舎は、お引き渡し前のワクチン接種×2回以上を基本としています。
ワクチンは数多い混合ワクチンを2回接種すれば万全!!、という簡単なお話では残念ながらございません。数が多いワクチンが安全な訳ではありません。
まず、ワクチンは副作用(副反応)の恐れがありますので、それを考慮しないといけません。命を落とすようなもの(アナフィラキシーショック)もあれば、だるそうにしたり、下痢くらいで終わる軽度の副作用もあります。 当犬舎は、獣医師さんによりワクチンを年間500本以上接種しており、それを何年も続けております。一回接種あたりの副作用の発生確率が低くても、一般の飼い主さんよりも はるかに経験しやすい状況なので、ワクチンの副作用に対しては非常に気を使います。
言うまでもなく絶対に予防したいのは、命を落とすような副作用、すなわちアナフィラキシーショックです

一般にレプトスピラが入ったワクチンが出やすいと言われております。これは7種以上の混合ワクチンに入っております。6種未満のワクチンでも0%ではありませんが、かなり低確率のようです。製薬会社の違いやロットでも発生確率に差があるようです。当犬舎がお世話になっている動物病院は、アナフィラキシーショックがでにくいブランドを選んでおり、幸いなことに当犬舎においてアナフィラキシーショックは未経験です。非常に稀なケースでしょうが、お客様の 愛犬で5種混合ワクチンを接種してアナフィラキシーショックがでたことがあります(幸い助かりました)。

通常、ワクチン接種してから約2週間後にワクチンの効果(抗体価がある程度にあがる)が得られると言われておます。要するにワクチンを接種しても効果が得られるまで約半月のタイムラグあります

ワクチン接種で難しいところは他にもあります。母犬から母乳で引き継いだ抗体が体にある程度残っているときはワクチンを接種しても効果がないというのも問題なのです。母犬由来の抗体が下がるのは早くて生後4週、遅ければ12週あたりも残っているケースがあると言われております。いつ抗体が下がるかは目視で確認することはできません(抗体価を計る検査はあ ります)ので、なるべく抗体が下がっていない期間がないようにワクチンプログラムを組む必要があります。当然、母犬の母乳(特に出産直後の3日間の初乳というわれる母乳)を満足に得られなかった子犬は、生まれてからすぐにまるで無防備の状態になります。出産直後において母乳をなんらかの原因で飲めない子犬は特別なワクチン接種プログラムを別途組む必要があります。

一般的に初回のワクチン接種では、母犬の由来の抗体が少なく効果が得られる時期に接種しても抗体価はまだ十分にあがらず、3〜4週間後に追加接種して抗体価が満足できる値まで上がるといわれております(ブースター効果)。

ワクチンプログラムで最もシンプルで普及したものは、生後8週と12週に5種以上のワクチンを2度接種するというやり方です。このプログラムでは、ワクチンの接種の回数が少なくてすむというのがメリットですが、 母乳由来の抗体価が下がって無防備になる期間がまるで考慮されておりません。生後二ヶ月前後の譲渡後、すぐにパルボを発症して命を落とす子犬が未だ珍しいことではないようです。これらのケースでは、仮に生後4週以降に1度でもいいので2種混合ワクチンを接種したら予防できた可能性があると思います。 また3ヶ月でワクチン接種をとめると、それ以降に抗体価が下がったために感染症に感染する可能性も否定できません。
また、危険な感染症の一つであるジステンパーは、ワクチン接種してもなかなか抗体価が上がらないと言われており、それを解決するためには3回以上接種したほうがよいと思います。すべてのケースで2回のワクチン接種で抗体価が満足にあがるかどうか疑問を感じます。

当犬舎において、上記の状況を鑑み、有効だと思われる以下のワクチンプログラムを組んでおりますが、現在主にパターン1を採用しております。

    パターン1:生後 4/6週:2種のワクチン→生後8週:2種のワクチン→生後12週:5/6種のワクチン→生後16週:5/6種のワクチン
    パターン2:生後4/6週 :2種のワクチン→生後8週:5/6種のワクチン→生後12週:5/6種のワクチン→生後16週:2種のワクチン

パターン1では、1回目のワクチンはその時点において母犬から貰った免疫(抗体価)が高いと無効ですが、仮に免疫が低い場合は非常に重要なワクチン接種になります。また早い時期にワクチン接種を受けると、そのときに獣医師の目視の検査により先天性の疾患の有無のチェックを受けれます。お客様に子犬の見せる前にワクチン接種と獣医師の視点での健康所見が得られますので、問題がある子犬をご紹介するリスクが低下します。その後、生後8週も2種を接種することで、犬にとって一番怖い感染症(パルボとジステンパー)を予防できる可能性がかなり高くなります。また、生後8週というまだ体力に余裕がない場合でも、下痢や体調不良などの軽度な副作用がでにくいというメリットもあります。体力が付いてくる12週以降に5種か6種程度のワクチンを接種しても、ワクチンの副作用がでにくいと思います。このプログラムの短所ですが、ケンネルコフに対応するワクチンは、生後12週に接種することになり(予防効果が得られるのは14週以降)、それまではワクチンで予防できるケンネルコフを引き起こす原因ウィルスに感染・発症する可能性があるということです。ただ、ケンネルコフの原因となるウィルス はそれだけでなく、他にも細菌由来のものがあり、ワクチンで予防できるのはウィルス性のものの二つだけです (一部のワクチンは、細菌性のものの一つに対応している特殊なものがありますが、現場の評価はまだよく分かりません)。なので、5種のワクチンを接種してもケンネルコフにならないというわけではないということを理解する必要があります

パターン2でも、1回目のワクチンは母犬から貰った免疫が高いと無効ですが、仮に免疫が低い場合は非常に重要なワクチン接種になります。生後8週で5種か6種を接種すること、伝染性肝炎、ケンネルコフ(ただしある程度しか予防できない)、コロナウィルス性腸炎を早期に予防できる可能性があるということです。このパターンの短所ですが、生後二ヶ月目に5種程度のワクチンを接種するということは主に軽度の副作用が懸念されます。当犬舎は、ワクチンを年間500本 以上接種しているので、それだけの母数だとたとえ副作用が低確率でも副作用が発生する可能性が高くなり、怖さは体感済みです。また、お客様に譲渡後と思われる生後4ヶ月目の2種ワクチン接種が難しいという難題もあります。理由は省きますが、2種ワクチンを用意している動物病院はあまりないのが 現実です。お客様の手に渡った後は、2種ワクチンを接種するのは難しく、ワクチン接種を省略するか、5種程度のワクチンを接種するかになります。5種を三回接種するのは、アナフィラキシーショックを招きやすく少々リスク が高めになる行為になりますので、その点は気がかりです。特に3回目のワクチン接種時に起こりやすくなると思われます。

よって、パターン1と2では、それぞれ一長一短があると理解していますが、パターン2ではお客様での2種のワクチン接種が難しいことと セ生後二ヶ月目で5種ワクチン接種による(程度は軽いのが大半ですが)副作用の懸念で、パターン1を好んで実施しております。
  これらのパターンだと、 4回ワクチンを接種することになりますが、2種を2回接種することで、ワクチンの重篤な副作用が出にくくなりますし、 パルボ・ジステンパー予防としてのワクチンが効いてない期間が少なく、国内で暮らす家庭犬としてはほぼ十分だと思います。

成犬になったら、 生後16週のワクチン接種から1年後の追加ワクチンの接種は推奨します。以降は、獣医師さんと相談して適度な間隔で接種してください。

 

※6種以上のワクチンは?
6種混合ワクチンは、5種のワクチンにコロナウィルスが入ったものです。コロナウィルスは、ありふれたウィルスで子犬にかかりやすく、激しい下痢が長期間続くため、以前は6種混合ワクチンを接種していました。その後、一部の臨床豊かな獣医師さん によると、コロナウィルスの予防の有効性が高くないとの見解をいただいており、効果に疑問を持ち始めております。 また、ここ数年において6種のワクチンは生産中止になってしまい、接種したくても接種できない状態が続いておりました。最近某メーカで生産が再開されましたので、市場には少しずつ出回ると思います。 重篤な副作用は稀だと思います。準推奨いたします。

※7種以上のワクチンは?
7種上のワクチン接種はレプトスピラという細菌による疾患に対応していますが、安全性と流行具合を加味してお勧めできません(ワクチンによる 重篤な副作用を懸念しております。特に危険なのは、子犬の生命を脅かすアナフィラキシー ショックで、7種以上の混合ワクチンでは出易いと言われております)。レプトスピラは、 野生のネズミが宿主(ネズミがすべてもっているわけではない)で、各哺乳類に感染します。海外(中南米、東南アジアなど、熱帯、亜熱帯の国々)や関西 西南部方面の一部地域 (沖縄等)の地域に過ごす犬や、本州でもネズミを捕食したり、ネズミの糞尿に高度に汚染された河川に入る犬に対しては、ワクチン接種が有効の場合があります。レプトスピラ は、人畜共通の感染症である意味怖い側面もありますが、血清型が230以上あるので型が異なれば効果は得られにくいといわれております。ワクチンに対応しているのは、上記海外や関西方面の一部値域に出る4〜5の型のみに対応しております。なので、型が違えばワクチンを接種しても効果はありません。関東で ごく稀に出るレプトスピラは、関西方面とは異なる型と言われておりますので、8種程度のワクチンを接種しても予防効果はさほど期待できません。どうせリスクを承知で接種するなら9種以上のワクチン (ただし関東では扱っている動物病院は少ない)がよいと思います。個人的には レプトスピラに疾患するよりも重篤な副作用のほうが懸念されると思います。 レプトスピラは主に野生の上記ネズミが宿主という特性上、都心部の室内飼いではほぼ無縁でいられる疾患と言われております。現に本州はレプトスピラ非流行地域であります。日本において人に感染した例も上記関西の一部エリア地域に限定的かつ散発的に発生している状況のようです。 数少ない症例においては、下水道業者さんや河川と関係があるレジャーインストラクター等の方が感染する例が多いそうです。関東でも極稀にレプロスピラを発症する犬がいますが、放し飼いで 野生のネズミを捕食したりと特殊な条件を満たす犬に感染が確認されているに留まっているようです。一般の家庭犬やお子様にはまず疾患しないことを鑑みると、関西方面の一部地域を除けばレプトスピラの心配はあまりする必要がないと思っております。もし人がレジャーなどで感染したらニュースになるくらいのお話なのです。言い換えればそれだけあまりない疾患とも言えます。反面、もしそのような環境にいる愛犬ならレプトスピラのワクチンは選択肢の一つになると思います。詳しくはお住まいの獣医師さんとご相談下さい。

ちなみに当犬舎の繁殖犬は、レプトスピラのワクチンは接種の対象外としております。子犬も同様ですが、海外に子犬や成犬を輸出する際は、必要に応じてレプトスピラのワクチンを接種した実績がございます。その際、アナフィラキシーは出ていませんが、すぐに体調不良が出てしまい 、以降長期に渡って苦しんだことがあります。これが当犬舎において、経験した最も苦い副作用の経験です。

ただ、レプトスピラのワクチンを全面否定するのではありません。お住まいの地域事情や愛犬のすごし方によってお勧め度は大きく異なるものだとご理解していただければ幸いです